精神世界の現実

こころをうけとめる

心でしか見えないとっても大切なこと

ぼくの秘密が聞きたいかい?
ちっとも難しいことじゃないんだよ
この世には目には見えなくて、
心でしか見えない
とっても大切なことがあるってことなんだよ

サン テグジュペリ

 よく次のように言われます。

「レイキは怪しい」

 私達はパソコンや携帯電話が悪いことに使われているからといって「パソコンや携帯電話は悪だ」という人はいません。
 レイキも同じようにあくまでも道具の1つでしかありません。その使い方は当人に委ねられます。

キワモノ扱いされてしまう一因

 スピリチュアル的な本を出版する専門の出版社をのぞいて、テレビや新聞といったマスコミではスピリチュアルについてはおもしろ半分あるいは怪しげな扱いをされている面があります。

 スピリチュアル的な話については放送できる時間が限られているため、切り口が限られてきたり、人生相談などを面白半分で取り上げる傾向もみられるため、話が一方通行になっているのが現状です。

 私は深刻な人生相談はスピリチュアル的なアドバイスで解決できる!さあ、明日から人生バラ色になる!といった安直な話はテレビやラジオで放送するものではないと思っています。

 現実には一人一人の状況が異なるため、見ただけで解決するような錯覚や、似たような問題を抱えている人がテレビやラジオで放送していたからと、単純に真似ると、問題が悪化する場合があるからです。

 その話を報道だけを見聞きして、何も考えないで「宗教やスピリチュアル全般は怪しい」というイメージがスピリチュアルを正しく知り、上手に活用する方法を遠ざけてしまった結果として被害に遭う人達が絶えない原因にもなっています。

ハスの花

マスコミが報道するから本当とは限りません

マスコミの報道を鵜呑みにしないでください

 その話がマスコミで取り上げられているから、学者といった権威を持つ人が話しているからといって、本当とは限りません。

 単純に鵜呑みにしないでください。
 当然ですが、わたしの話も例外ではありません。

 起業した頃から、何度かマスコミに取材を受けた経験がありますが、取材する側もきちんと調べてきた取材者もいれば、知識がロクになく、新聞に掲載することをエサにするロクでもない記者もいます。

 2014年3月に「全聾の作曲家」を称していた佐村河内守氏の会見でマスコミが難聴と聴覚障害について全く何も知らず、国際的には聴覚障害となる50デシベルの難聴であるにも関わらず、「聞こえている!」と決めつける無知さをさらけ出したことは記憶に新しい話です。

 姉妹サイトで書いた話ですが、書いて5日程度で1万アクセス以上を集めました。とくにマスコミ関係者のアクセスが多くあり、毎日新聞の記者からも感想をいただきました。その後もアクセスをいただき、1ヶ月で5万アクセスに達しました。

 マスコミがけっして伝えない佐村河内守氏会見の盲点

 専門的な内容がわかりやすく書かれていたのがここしかなかったことから、ほぼ半年で6万件以上のアクセスになりました。同時に報道が沈静化していきました。

 この話からもわかるように、マスコミが報道しているから事実とは限りません。

 ネットにあるから正しいとはいえません。
 私は誠実に、事実を書くように十分に注意していますが、それでも表現や言葉のあやがないとはいえません。

 わたしが伝えたい事があなたに伝わっているかどうかはあなたが確認しない限り、わからないのです。

 あなたが、自分の見識を広げるすばらしいチャンスを「マスコミが報道していないから」「社会の常識」「科学的根拠」で思考にフタをしないで、自分で実際に調べて、実際に見て、考えて、判断するようにしましょう。

↑ページのトップへ

ハンドヒーリングは仏陀やイエスも使っていた

 ハンドヒーリングそのものは古くからあり、ブッダやイエス・キリストといった聖人達もハンドヒーリングを行っていた事が伝えられています。

 奈良の大仏さまの右手がどんな状態かご存じでしょうか?ヒーリングを行う手です。

 「レイキの歴史」でも解説していますが、レイキは古来からあるハンドヒーリングを大正時代に臼井先生が新たな形で「再発見」して、誰でも始められるように体系化したものです。

 まず、レイキは「みんな違っていい」が基本です。宗教団体にありがちな禁止事項やルールはありません。

 レイキは元々本来誰もがアチューメントする事で使えるようになるものですから、コントロールしたり、統率する特定の団体を必要とはしていません。それが短所でもあるのですが。

 レイキをどのように使うかはその人に委ねられます。

 極端なたとえですが、レイキは包丁と同じです。

 人格的に立派な人でなくても使えます。

 包丁は料理にも使えれば、人を脅したり、危める事にも使えます。

 当然のことながら、悪事に使う事もできます。

↑ページのトップへ

「怪しい団体」との区別は必要

 日本の伊勢神宮や住吉大社といった神社などのきちんとした宗教法人と反社会的な行為を行う怪しい団体とは別者です。

 昭和初期に新興宗教団体を創立した方が実はレイキを習っていた事、それを「手かざし」などの別名で、取り入れていた事が伝わっています。

 創立された方の名誉のために断っておくと、真面目にしておられていますし、亡くなった後に「団体の事情」により分裂したり、派生した団体で信者を増やそうと「奇跡」を売りにしたり、必要以上に神格化した強引な勧誘で問題になった団体もあります。

 別の新興宗教団体の信者が独立して、ヒーリングサロンを隠れ蓑にして、水子や悪霊などを名目に、無料あるいは安いヒーリング料金から入り、どんどん不安を増大して、次第に何百万もの高額なお布施を出すように仕向けていたことが報道されています。

 なかでも問題なのは日本人になりすます、外国系の怪しい団体がこのエネルギーを悪用しています。

 日本人になりすましたり、キリスト教系を装ったり、大学などのサークルで宗教団体の名前を出さないで勧誘していたり、もともとあった宗教法人団体がのっとられているなどの話があります。

 以前はその映像がネット上にありました。
 必要以上に教祖や幹部を神格化して、祭り上げる、特亜系の否定的な「人を自分の思い通りにしたい」「支配してやりたい」などのどす黒い感情を感じました。

 人の不安や恐怖につけこみ、感情を拡大するほど強いパワーです。
 人生経験が浅い人ではひきずられるかもしれません。

 私達は「権威の言葉」に惑わされないで、自分の目で確かめ、判断して、区別する事が大切です。

↑ページのトップへ

イメージを汚された「神」

 「神」の名前を借りて子供の頃に厳格な両親や牧師、僧侶、神父、神主といった「権威」に押しつけられたことから宗教に対して反感を持ったり、宗教が嫌いになった人もいます。

 私も10代の頃に「聴覚障害は前世の報い」と言う話を聞かされて「ウンコ坊主」(笑)と言うなど、「宗教嫌い」になった事があります。

 マスコミが問題のある宗教団体の悪事を繰り返し報道していった結果、先の伊勢神宮などのまっとうな宗教団体も含めて、無差別に「悪」としてしまうのは明らかに異常です。

 また、そうすることで私達日本人を目に見えない世界から引き離すことによって、猜疑心や不安でいっぱいにするプロバガンダが動いているのではないかとも感じています。

 しかし、宗教と称する団体の正体が神そのものではなく、実は単なるシステムや「習慣」からくるものだとしたらどうなるでしょう?

↑ページのトップへ

巧妙にすり替えられたもの

 「天罰」「因果応報」「死後裁かれる」と主張する団体の背景にあるのは、神を信仰する際に、仲介者である「聖職者」と称する権威、及び偶像(シンボル)を絶対化してきたことです。

 宗教団体の権威を守り、自分の思考委と力を神の権威を元に聖職者や団体に明け渡させてしまう全体主義と権威主義のシステムが「習慣」として働いているとも考えられます。

私が作っているパソコン

 そもそもブッダやイエス・キリスト達聖人は「私たち1人1人が神と繋がる事ができるのですよ」と説明はしていますが、「自分が神である」と称した事はありません。

 「1人1人が神と繋がる事ができる」のであれば、まさに「宗教はいらない」「教団はいらない」という事になります。

 西暦180年、リヨンの司教イレネウスが聖職者の権威が失われることを恐れて、教会の教義に反する考えを非難、排除してしまいました。

 1000年以上教義に従わない人間は宗教裁判にかけられ、極刑を科せられるという暗黒の時代が続きました。

 当時使われた「外部の何かの権威を絶対化して、巧妙に力を明け渡させる」仕組みは現代でもマスメディアなどで使われています。

 「宗教をしている人は頭がおかしい」「政治と宗教については話しない方がよい」といった、印象操作のような記事をみたことありませんか?

↑ページのトップへ

本来の意味での宗教

伊勢神宮

 私は京都市の下賀茂神社や大阪の住吉大社、鞍馬寺などに行きます。とくに下賀茂神社は母校が近くにあるのでよく行きますが、「糺の森」の明るく、すがすがしい自然の空気と雰囲気が好きです。

 伊勢神宮の厳かな空気は参拝した誰もが感じます。

 全国の「聖地」にある神社やお寺の多くでは古今東西の宗教を問わず、全ての人を受け入れています。

 それぞれ参拝のしきたりはありますが、必要以上にかくあらねばという事はありません。

 多くの外国人もこの事を共通して指摘しています。
 昭和42(1967)年秋、伊勢神宮を訪れたイギリスの文明史家アーノルド・トインビーは、次のように毛筆で記帳しました。

  Here, in this holy place, I feel the underlying
  unity of all religions.
        Arnold Toynbee
        29 Novemnber, 1967

  (この聖地において、私はあらゆる宗教の根底をなす統一
   的なるものを感ずる。)

 平安末期から鎌倉初頭に生きた歌人・西行も歌に詠んでいます。

 なにごとのおはしますかはしらねども
 かたじけなさになみだこぼるる

 仏教を奉ずる西行が「何がいらっしゃるのかは知らないが、有り難さに涙がこぼれる」と言いいました。宗教や教義を超えた無言の「神聖さ」、「ありがたさ」をトインビーも西行も感じとったのでしょう。
 わたしも同じように感じました。

↑ページのトップへ

聖なる存在 皇室

 「聖なる存在」は我が国にあります。二千年以上続く、皇室と天皇陛下です。

天皇陛下長岡京市行啓幸

 2010年3月に地元京都府長岡京市に行啓幸された天皇陛下、皇后陛下が前を通られた時、私は伊勢神宮をお参りしたのと同じ、「ありがたい何か」を魂で感じました。

 外交では英国女王、ローマ法王と並ぶか、それ以上の地位とされる天皇陛下です。

 天皇陛下は我が国の祭祀王、国民の安寧を願う「聖なる存在」として間違いなく実在します。感動のあまり、私は真っ先に「万歳」三唱を繰り出しました。

 天皇陛下、皇后陛下がどのように国民と共にあってこられたかはご存じの通りですが、実際に間近で見ると、私がレイキで感じる「高次の存在」と同じ「聖なるもの」を感じ、感謝せずにいられませんでした。

 敗戦後の食糧事情が悪かった頃に始まった皇居の勤労奉仕が70年以上も続いていたり、新年の一般参賀に6万人ものの人が訪れるのもうなずける話です。

↑ページのトップへ

「権威」の声に判断を委ねない

「救いは一歩踏み出すことだ。さらにもう一歩。
 そして、たえずそのおなじ一歩を繰り返すことだ」

   出典:『サン=テグジュペリの言葉』、
        山崎庸一郎 訳編、弥生書房、P114より

 宗教団体で「あなたが苦しむのはカルマのせい」と言われ続けて、苦しんでいる方が私のもとに来られました。

 来られた時は他人への不信感が強い状態で最初は何も話してくれませんでした。
 ヒーリングを行うと、強い否定的なエネルギーを発していました。

 何度もセッションを何度も繰り返して、ようやく心が癒えて、話をするようにまでなってくれました。

 私の所に来るまで、他のセラピストさんでは全くできなかったそうです。

 「あなたが考える意味の『カルマ』は本当は別物ですよ」

 カルマの正体を説明すると、この方はポロポロ涙を流しました。

 また、必要なら弁護士を紹介しましょうと話もました。

 たとえ、正しくてもその時点ではできないこともありますから、無理な教義を振りかざしてくるなら、断ったらいいのです。

 これは理屈ではなく、実際に感覚で理解するとわかり、さらに自分の心と感情の状態によって変わってきます。
 

「征服とは、おまえの内部に、おまえを通して、
 おまえ自身を築きあげることである」

   出典:『サン=テグジュペリの言葉』、
        山崎庸一郎 訳編、弥生書房、P80より

 「星の王子様」で知られるサン=テグジュペリの言葉ですが、「征服」とは「主体性」「自立」「自信」と読み換えるといいでしょう。

 正しい思考は幸せな結果をもたらしますが、間違った思考は不幸な結果をもたらします。自分がどのような思考を選ぶか、そしてどの選択肢を選ぶかは自己責任なのです。

 これは宗教を信じていようが、信じていまいが関係ありません。

 なお、念のため書きますが、ここで言う自己責任とは自分の方向性をかえりみて、間違いがあれば、淡々と修正する意味です。過ちを過度に批判したり、必要以上に責めたてる自己責任とは違います。

↑ページのトップへ

宗教がもつ役割に気付く

 2009年4月、会社をつぶして、経済的に困窮していた私に仕事を紹介してくれたのは天台宗のお坊さんでした。

 【参考】こころの夜明け
 
 彼は自信を失っていた、耳の聞こえない私がどうやって働けるかを一緒に考え、仕事の話をしてくれました。権威ぶる、宗教的な言葉は一度も出てきませんでした。

 私はこのお坊さんのように、宗教には地域の人の状況に応じて、臨機応変に助ける役割があるのだと気付きました。同時に学び、個人の成長と自立を尊重するものだと気付きました。

 お坊さんだけでなく、昔から宗教や宗派を問わず、悩む人を助けてきた僧侶、神主たち聖職者は多くいます。それを地域の人達が「浄財」「お玉串」「寄進」などの形で経済的に支えてきました。

 個人では対応できないメンタル的な問題をお坊さんたち聖職者が「ヒーラー」として対応していたという面もあります。

↑ページのトップへ

「無料ですべき」は自分の首を絞めます

 賢明なあなたのことですから、すぐに気付くと思います。

 精神世界の話に限らず「金儲けは悪」「無料にすべき」という話を聞くことがあります。でもあなたが本当に豊かになりたいのなら、今日からお金が循環する経済の仕組みを学び、知り、この考え方は放棄することをお勧めします。

 金儲けそのものが悪ではなく、お金に執着する、もしくは嫌うなど、お金に対する考え方や態度が問題なのです。

 昔から「お金がなかったけれど、お坊さんが無料でみてくれて助かった」という話があります。でも、隠されている事実として地域の人達や商店が、お寺や聖職者を経済的に支えてくれていたから、無料になったのです。

 大学生対象の禅道場として、塾生は禅塾に寄宿し、禅の実践を行いつつ、京都・大阪の大学に通っている長岡禅塾が私が住んでいる長岡京市内にあります。ここは文化を感じる素晴らしい環境ですが、総合商社の双日をはじめとする企業がお金を出しあう協賛企業となって、若い人達を育ててています。

 いわゆる「お金持ち」と言われる方々とよくお話することがありますが、お金持ちだから寄付するのでは無く、お金持ちではなかった頃から寄付していたという人は珍しくありません。神社やお寺、社会福祉法人に寄付している方も多くいます。

 わたしも見習って、セッションなどの報酬としていただいたお金の一部を寄付させていただくなどしています。

 ただ、それを大きく言わないだけです。 

 こうした地域や人のつながりは「経世在民=経済」の仕組みの1つ「お金の循環」から見ても、とっても理にかなっており、宗教が福祉に果たしている役割も大切なものだと気付きます。

 「金儲けは悪」、「無料にすべき」、「安くしろ」といった話が独り歩きするのも、実は個人の妬みや僻みなどマイナス感情につけこむ、羊の皮を被ったサヨク勢力団体が人を特定方向に利用するプロバガンダが入っていることも珍しくありません。

 もし、私達がこの考えに同意した瞬間から、自分の首を絞めることになります。

 なぜなら「金儲けは悪」とした時点で、「自分が働いてお金を儲けることは悪」にもなるからで、自分にお金が入らなくていいとしているのと同じだからです。

 精神世界でありがちな「貧しき者こそ幸いである」「清貧こそ正しい」といった考え方がなぜ誤りなのか、どうせなら「人に喜ばれる事をして、お金を儲けさせていただいて、同時に社会に還元させていただこう!」と決めた方が、可能性が広がります。

↑ページのトップへ

大切なのは自分を信じる事です

「方法こそ異なっていても、目的は異ならない。
 目的はつねに同一である」

   出典:『サン=テグジュペリの言葉』、
        山崎庸一郎 訳編、弥生書房、P106より

 宗教に関わらず、自分を信頼する事は、宇宙を信頼するのと同じです。

 アップルコンピューターの創立者スティーブ・ジョブスの言葉です。

 君達の時間は限られている。だから自分以外の人の人生を生きて無駄にする暇なんかない。

 ドグマ(宗教・宗派の教義「かくあらねば」論)という罠にからめ取られてはいけない。

 それは他の人達が生んだ結果と共に生きて行くという事だからね。

 その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声・心・直感をかき消されない事です。

 自分の内なる声・心・直感というのは、どうしたわけか君が本当にやりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。

 だから、それ以外の事は全て二の次でいい。

 スティーブ・ジョブス アップルコンピューターの創立者

↑ページのトップへ

 この言葉はレイキを実践している私にとっても実感する言葉です。

 宗教・宗派の教義にありがちあな「かくあらねば」論という罠にはまるとレイキのパワーが活かせない状態にもなります。

 同時に現代人で自分の内なる声・心・直感がわからなくなっている人が多いことは実感しています。

 私のヒーリングを受けた方が自分の内なる声・心・直感がわかるように、そして幸せになるよう支援させていただこうと決めています。

 ありがとうございます。

お遍路

 →セッションのご案内

↑ページのトップへ